前回のブログでUPした「スマホ・スピーカースタンド」の改良版が出来ました。

今作がVer.5(5作目)です。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_01_

基本構成はあまり変わりませんが、全体のサイズ、中身のパーツが変わっています。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_02_
木、craft
speaker-stand_prototype-005_04_
木、craft
speaker-stand_prototype-005_06_
木、craft
speaker-stand_prototype-005_07_

木工用ボンドで組み立てていきます。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_09_

完成です。

組立には5分、組み付けが終わった後に輪ゴムなどで「絞めて」、ボンドが乾くまでに約5~10分。結構簡単に出来ます。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_11_

中はこんな感じ。なんとなくスピーカーっぽく、なってます。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_14_

一応、充電用コードも通せるようにしています。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_10_

今回はオール桧でも作りました。

さて、試聴。

さすがに5作目になってきたので、音量も適度に出てます。(普通の部屋なら違和感なく聞けます。)

問題は、音質。1作目と比べるとかなりクリアな感じで聞こえます。(こもりやノイズが少ない)

ですが、最近の試作品(3,4作目)と比べると微妙な違いで、もはや好みの世界。(曲によっても向き不向きがあります。)

さらに桧バージョンは、杉と比べて全体的に「しっかり」した感じになります。(やっぱり材質が固いからでしょうか)

木、craft
speaker-stand_prototype-005_12_

ということで、いつまでやってもキリがないので、基本仕様はこれで決めました。

細部の仕様を修正して、9月中旬以降にテスト販売を開始します。

杉、檜、エイジング仕様と生地使用の4種類で。

今回は、地元のラジオ局「FM愛媛」さんとのコラボ商品ということで、「FM愛媛」Ver.も作ります。お楽しみに。

木、craft
speaker-stand_prototype-005_12_

いろいろな人に使っていただいて、アドバイスを聞きながら、しばらく改良を続けようと思います。

少し変更するだけでも、音質が変わるので、この作業がすごく楽しくなってます。

最近買ったBilly Gibbons(私の大好きなZZTOPのギタリスト)のソロアルバムを聞きながら、

「これ、全部チーク材で作ったら、どうなるんやろ?」と妄想してます。(もう、コンセプトからずれてますけど)