先日、宇和島市(愛媛県の南側)の津島という所で「木工体験教室」をしてきました。

木 クラフト 木工教室
tree-stand_002_

場所は、岩松公民館。以前、「木工体験の出張ができないか?」というお問い合わせをいただき、行ってきました。

やった体験メニューはこんな感じです。

木 クラフト 木工教室
tree-stand_001_

レーザー加工した杉板を2枚組み合わせてスタンドにします。(高さは約15cmぐらい)

木工体験 木 イベント 造林
tree-stand_

このプレートに色を付けたりデコレーションしていきます。

木工体験 木 イベント 造林
tree-stand_

今回は時期的にも、クリスマスぽく出来ました。

木工体験 木 イベント 造林
tree-stand_

もうひとつは、「お絵かきタグ」。これは、当日に完成しないのですが、参加者のみなさにサインペンで好きなものを紙に書いて頂きます。それを持ち帰って、杉板にレーザー加工します。

完成品がこちら。

木工体験 木 イベント 造林
お絵かきtag_
木工体験 木 イベント 造林
お絵かきtag_

なかなか良いでしょ。

紙に書いたタッチがそのまま木に彫れるので、個性が良くでます。体験教室のほうは、みなさん自由に出来たので、楽しんでいただけたようです。

しかし・・・。

この体験教室の前に「私のおはなし」もありました。「子供たちに木のことを話してください」とのことで、20分ほどの時間で。もともと、話すのが得意な方ではないのですが、今までいろいろなカタチで人前で話す機会をいただいていたので、少しはマシになってきたと思っていたのですが・・・。

今回のお相手は、地元の小学生1年生から5年生までの23人。しかも、低・中学年がメイン。

強敵です・・・。

造林業の話を中心にしたのですが、「ぞうりん」、「かんばつ」、「すぎ」、「ひのき」、「ばっさい」、「けんちく」etc・・・。業界用語がNGどころか、「木を伐る仕事」自体、言葉をかみ砕いて説明しないといけません。

なんとか、ビジュアルが想像できるように話したつもりなのですが、うまく伝わったかどうか自信がありません。あらためて、自分の思いを伝える難しさを痛感しました。

まだまだ、修行が足りません。

でも、この強敵(年代)にうまく伝えることができれば、だれにでも伝えることができそうな気がしました。これからもお声がかかれば、このようなことをしていきたいと思います。私の話の「出来」はどうあれ、みなさん楽しそうに過ごしていたので、少しでも記憶に残れば、うれしいことです。

ということで、年内を目標にこのHPに「木工体験メニュー」をアップしていこうと思います。

今回お世話になった、市役所職員のMさん、岩松公民館のみなさん、参加していただいた小学生のみなさん。ありがとうございました。