久万造林株式会社は、愛媛県久万高原町で、150年木を育てている会社です。

弊社は愛媛県の県庁所在地松山市から高知方面に向かって約30kmの山間にある上浮穴郡久万高原町菅生(すごう)にあります。
創業者の井部栄範は、明治5年(1872年)に和歌山から松山を経て、四国88か所の第44札所菅生山大宝寺の執事として久万に来た僧侶でした。
翌年の明治6年(1873年)に寺が所有していた山に杉苗を植え始めました。これが久万林業の始まりだといわれています。
現在の代表取締役・井部健太郎は栄範から数えて五代目にあたります。

栄範が植林をするきっかけとなったのが明治維新です。

もともとこの地方は森林に覆われた豊かな山でした。
江戸時代は各藩が行っていた山林管理政策により管理されていましたが、維新をきっかけに規制が解除され、人々は目先の利益に追われ次々と山を伐り、焼いて畑にし、禿山ができ、急速に森林資源が失われていきました。
荒廃していく人の心、村と森林の将来への危機感が栄範を襲いました。そこで地域発展の有効な手段として植林を選びました。
ちなみに弊社の屋号は、○ス(マルス)です。これは、旧の菅生村からとったもので、今でも山の境木や境石にはこの屋号を使っています。

栄範は、還俗(僧侶を辞める)し、本格的に林業を始めましたが、当初は木材で生計を立てることは出来ず、様々な事業を行いながら、1914年に亡くなるまで杉苗の普及と育林に努めました。
弊社設立は栄範が亡くなる2週間前です。その後、昭和20~40年代の高度経済成長期もあり、栄範の育てた木は高価な値段で広く取引され、弊社の今を支えています。

現在、弊社の所有山林面積は約390ha。その90%が杉・桧の人工林で、杉6割、桧4割という構成です。
基本的に自社施業はせず、地元の森林組合が中心として行っている「久万林業活性化プロジェクト」に委託し間伐などの施業を実施しています。
自社ではGISを含めた森林管理ソフトを2009年から導入し、境界線や各種山林状況写真、施業履歴などを随時更新して、5年単位で施業計画を立てています。
2015年からは、所有林のうち100ha分の森林経営計画を作成し、皆伐や広葉樹への変換なども実施しています。
基本的には、山林という自社の不動産管理業に近いと考えています。