造林 木 林業
morinobu-ringyo
造林 木 林業
morinobu-ringyo
造林 木 林業
morinobu-ringyo
造林 木 林業
morinobu-ringyo
造林 木 林業
morinobu-ringyo
造林 木 林業
morinobu-ringyo

写真は、愛媛県宇和島市に本社がある「森信(モリノブ)林業」さんの所有山林です。

現在社長の森信光夫さんは、早くからオリジナルの森林管理システムを導入し、約500haの山林を管理され、いかに大切に木を育てていくかを日々探求されています。私の友人であり、先生のような方です。

森信林業の山には、きちんと整備された林道と様々な林齢の桧や杉が大事に育っています。桧や杉も100年を超える立派な木々が幸せそうに育っています。

今回は、森信社長に林業経営や木に対する思いを寄せて頂きました。以下に紹介させていただきます。

 

森信林業株式会社の林業経営について

森信林業株式会社
代表取締役社長 森信光夫

森信林業株式会社は、大阪市を本社として、昭和41年に設立されました。その後、近辺に山林がある宇和島市に支店を置き、山林の管理は支店を中心に行っています。森信林業株式会社の林業経営の目的は次のようです。

  • 1. 良質な森林資源を備えた、堂々たる健全な森林を育成する。
  • 2. 持続的な木材生産を行い、かつ経営的に成り立つ森林管理を行なう。

林業は私の祖父が昭和10年代から山林を購入し、主に天然マツ林を伐採利用し、その跡地にスギ・ヒノキを植林してきたことから始まったと聞いています。

現在の会社は同族会社で、林業に関しては、会社有・家族有のものを併せて、宇和島市、鬼北町、高知県梼原町にある10団地・約500haの山林を管理しています。その人工林率は約70%で、樹種としてはヒノキの割合が高くなっています。

また、山林の管理に当たっては、平成15年から自力開発した「森林管理GIS」を導入し、これを活用して、境界管理、資源の現況把握、路網の配置や将来に向けての経営計画シュミレーションなどに役だてています。

森信山林の第1の特徴は、その昔マツ林の間に残っていた人工林が成長したものや、松くい虫によって被害を受けたマツ林の伐採後の植栽木などを交えて、100年生から20年生までのスギ・ヒノキが混ざった多様な林令のものが混在していることや、同じ林令の人工林でも地形や土地の条件によって成長・形質が違うものを、それなりに大切にしてきたことなどによって、非常に多様な森林構成になっているところにあります。その林分構成の複雑さからも、GISの技術が必要でもあったのです。

第2の特徴は、路網の充実です。高蜜路網について平成10年から検討を始め、その後順次間伐を行うとともに開設していますが、現在では2tトラックとグラップルを中心にしたシステムが働ける、約5万m以上の作業道ができています。最近では、4t車が通行可能な規格のものが開設され始めています。

第3の特徴は、皆伐施業を行わないことです。

紹介はこのぐらいにして、現在、次々に増えていく収穫期を迎えている山林を前にして、いま私自身が悩んでいることをお話してみます。

これら管理されている山林内では、満遍なく思うところに手が届く路網ができてき、森林管理GISを活用して、いつでも、どこにある木でも、必要な量だけ即座に取り出せる体制がすでに整おうとしています。

これからは、その特性を生かして、どの木をどのような用途で、誰に、どうやって使ってもらえるか、またどのような方法で、喜んで使ってもらえる一般の方々にお届けできるルートを作ることができるのか、が課題になってきています。

森林GISの数値集計によりますと、例えば68haある「柿原第1団地」には、9万3千本のスギとヒノキが立っていますが、管理の目標とする本数は6万8千本ですから、昨年から着手している5ヵ年計画で、2万5千本の伐採が行われることになるでしょう。これはGISによる本数管理の結果の一つです。どのくらいの径級のものがどの辺から、何本出材されるかもほぼ解ります。

このように、伐採の本数や、搬出方法、少しだけ将来の森林の姿が、頭の中で想像できだした頃から、実は、私には、木が話しかける声が聞こえるようになったのです。 「僕はいつ切られるの、切られちゃったらどこに行くの、何に使われるの、喜んでみんなに使ってもらえるの」こんな木からの問いかけが、木の前に立つと次から次に聞こえるのです。的確に答えてあげられない私には、結構なストレスとなります。ですから、山に一日いると、とっても疲れてしまうのです。

少し脱線してしまいましたが、今年からは、伐採する木のそれぞれの特性に応じた行き先について、さまざまな試行錯誤を始めようと考えています。